子連れで飛行機旅を快適にするために(出発前編)

子連れ飛行機の旅を快適にするために(出発前編)

コロナも少しずつ落ち着いて、GoToキャンペーン、ハワイ便の再開などでそろそろ子どもを連れて飛行機旅を考えている方も多いのではないでしょうか。

でも小さい子どもを連れての飛行機は本当に億劫ですよね。

今回は4才と2才の姉妹の母でもある私の経験談を元に小さい子ども連れの飛行機旅に必要な便利グッズや座席選び、出発前にしておくべきことなどをご紹介致します。

 

バシネット(ベビーベット)の予約

・11kg以下のベビーの場合(各航空会社によって制限体重は異なります)

まずは座席を指定しないで予約します。そのあとで航空会社に電話で、バシネットにまだ空きがあるか確認してください。

バシネットとは、一番前の座席の壁に取り付けてくれる「ベビーベッド」です。

うちは上の子も下の子もとってもお世話になりました。

2才以下のベビーは座席がなく、ずっと抱っこしておかなくてはなりません。

バシネットを予約しておくと我が子が寝たらこのバシネットに寝かせることができてとっても便利です。

各航空会社によって予約方法が異なりますので事前に電話で確認してくださいね。

(先着順・月齢の低い順など)

 

座席選び(窓側?or通路側?)

窓側の方が景色が見られていいと思われるかたも多いかもしれません。

ですが、通路側がベターです。

とにかくじっとしておくことが苦手なちびっこたち。

飛行機はシートベルト着用サインが点灯していないときは座席を離れることができます。

トイレに行ったり機内を散歩したり、少し気晴らしになります。

うちの子も機内を散歩してCAさんとお話ししたり、CAさんにおもちゃや塗り絵やジュースをもらったりしています。

家族で1列取れる場合は問題ありませんがどちらかを選択しなくてはいけない時は是非通路側を選択してくださいね。

 

機内食の予約

機内食は大抵の航空会社さんで、ベビーミール(離乳食)やチャイルドミール、アレルギー対応ミールに変更することが可能です。

ですが、事前予約になります。

予約の際に年齢を登録しているだけで勝手にベビーミールやチャイルドミールに変更されているわけではありません。

機内食の種類は各航空会社によって異なりますが、数十種類の用意があるところもあります。

例えば、糖尿病対応ミールやグルテンフリーミール、低塩ミール、ヴィーガン(菜食主義)ミールなど大人のお客様も変更できるので、各航空会社のHPをチェックして事前予約しましょう。

 

 

 

次回は持ち物編です。

 

 

 

子供服の総合セレクトショップ|Baby&Kids sloawshore

インポート子供服のセレクトショップ|Baby&Kids sloawshore

Baby&Kids sloawshoreはベビー服や子供服を扱うセレクトショップです。
出産準備中に揃えたいアイテムや、出産祝いとして贈り物に最適なギフトセット、普段使いできるお洋服やパジャマから水着まで、幅広く取り揃えております。
通気性と汗の吸収性に富んだオーガニックコットン100%の商品は、ギフトにも大変喜ばれます。

屋号 Baby&Kids sloawshore
住所 〒662-0016
兵庫県西宮市甲陽園若江町5-26-306
営業時間 10:00~17:00
定休日:土 日 祝
代表者名 今村 雄太
E-mail info@sloawshore.com

コメントは受け付けていません。

特集